望洋台小学校で小樽あんかけ焼そばを振る舞い

image昨日は、小樽市立望洋台小学校で、6年生を送る会が開催され、その企画の一つとして、小樽あんかけ焼そば親衛隊による振る舞い小樽あんかけ焼そばをさせて頂きました。

麺を焼くと返しの際に麺ををこぼすということで、普段は、お客様の誘導やPRに努めておりますが、今回は人数も少ないということもあり、久々に麺焼きをしました。

すると、一度もこぼさずに完璧な麺焼きは出来たのですが、そもそも中華鍋をしっかり温めずに麺を投入してしまったため、たくさん焦がしてしまいました。小樽あんかけ焼そばの特徴として、焦がし麺が一つのウリなのですが、あまりにも焦がし過ぎてしまい、失敗でした。

私ごとはおいておきまして、6年生はじめ保護者の皆様も、ボランティアによるあんかけ焼そばの調理パフォーマンス、そしてTOKIOのテレビに出演した親衛隊のキャラクター・お酢かけ隊の檄文披露などのおもてなしにとても喜んで頂きました。

これからも、地域住民によるまちおこしの取り組みである小樽あんかけ焼そば親衛隊の活動に関わり、笑顔あふれる元気なまちを作っていきたいと思います。

image

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です