本日は学校適配委です 手宮・高島は英語、奥沢は体育実践のモデルに

image本日13時より、小樽市内で進められている学校再編に関わる「学校適正配置等調査特別委員会」が開かれます。

市内6地域で進められている小中学校の再編について事務方より進捗を伺い、それを含め、議員独自の視点から問題点の改善や制度について提案をする機会となります。

私の地元である手宮地域は、新年度より、3年4年生に対する英語教育の充実に向けた取り組みが進められます。手宮地域では、小学校3校を1校に、中学校2校を1校にする計画の中で、小中学校の連携とともに、同地域にある高校との、小中高連携をより進め、そして英語教育のモデル地区となります。

学校再編により、地域の学校が少なくなるというデメリットが大きく言われてしまいますが、私は、これを機に、地域によるコミュニティスクール的な機能を作り上げながら、各地域それぞれ特色ある学校づくりを目指す一人です。本日の委員会でも質疑し、より一層の教育の充実を求めていきたいと思います。

なお、昨日の総務常任委員会でも、奥沢地区の学校づくりとして、体育実践校としての取り組みが進められます。今朝の新聞でも掲載されました。これから小樽の教育を変えるため、「まちづくりはひとづくり」の下、地域の皆様、保護者の皆様のお力を頂きながら進めたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です