手宮地区小学校 最終統合協議会 3/1現在2学級は2学年のみ

imageさきほど小樽市議会の学校適正配置等調査特別委員会を終え、夜は、第11回(最終)手宮地区小学校統合協議会に傍聴に来ております。

手宮地区の3小学校と色内小学校一部の4校をひとつにするため、平成25年の夏から学校教職員はじめ保護者、地域住民の方々による統合協議会が設置され、約3年にわたり、新しい学校づくりのため精力的に活動をして頂きました。

小樽市教育委員会においては、全学年で2学級の12学級以上が望ましい学校規模として再編案を示してきていますが、本日の最終協議会で、3月1日現在の平成28年度の学校規模は、2年生と5年生の2学年のみ2学級で、ほか4学年は1学級と、教委が目指していた状況には至ることが出来ないようです。関わる方々にも残念という思いもあるようです。

色内小学校の編入などが影響があったようですが、これからも保護者や地域との連携によるサポートチームが保たれ、特色ある学校づくりが行われることになりますので、私としても、手宮中央小学校に通わせたいと思って、手宮地域に住んでくれる若い世代が増えてもらえるよう頑張って参りたいと思います。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です