「からだうごかそう」で子どもたちと一緒に汗かきました 小樽の幼児無料運動教室

12443412_1128726650501665_657806051_oスポーツ関係者はじめ幼稚園の先生や学生たちで作る「小樽幼児体力向上委員会」による無料の運動教室「からだうごかそう」が、本日、今年度最後の開催となりました。私も少しだけお手伝いをさせて頂きながら、子どもたちと一緒に汗を流して良い運動をさせて頂きました。

12674787_1128724867168510_277743915_o 12325506_1128724903835173_1525064646_o 12874190_1128724923835171_2116159040_o 12874212_1128726770501653_504405308_o 12596632_1128724703835193_937310998_o 12874495_1128724710501859_813311074_o 12874171_1128724727168524_777847248_o 12887294_1128724743835189_712964915_o

日本では、昭和60年頃から子どもたちの体力が低下傾向にあって、肥満傾向の子が増え生活習慣病につながったり、生きる上で大切な気力が低下したりなど、将来への社会的な課題とされています。この 小樽では、学力低下とともに体力も課題で、「全国体力・運動習慣等調査」で全国平均以下、肥満率も全国と比べ高い結果が出ています。(平成27年度全国体力・運動能力、 運動習慣等調査結果

子どもたちの体力を向上させるためには、幼児期から体を動かすことが大切だそうです。小樽の若者たちが集まりこの委員会を結成し、3歳から6歳程度の幼児を対象に、毎月一回無料の運動教室「からだ うごかそう」を開催しています。北国においては、特に雪がある冬は、運動不足になりがちな子どもも多く、本日の教室には約80人の子どもたちが参加してくれました。

本日は、旧東山中学校の体育館を借りて、キッズサッカーやゲームリレー、ダンスなど4つのメニューを用意して、約7分間でそれぞれ2周回って、蹴ったり・走ったり・体を目一杯動かしてもらいました。私も子どもたちと一緒に運動し、久しぶりに気持ちの良い汗をかくことが出来ました。また、最後には一緒に来ていた保護者のお父さんとお母さんにも協力してもらって全員で運動をし、参加したスタッフはもちろん子ども大人もみんなで笑顔になりました。

12516920_1128724780501852_1204378906_o 12874174_1128724797168517_504905616_o 12722620_1128724817168515_647962315_o 12837643_1128724837168513_477146318_o 12516679_1128724847168512_1230571706_o 12873487_1128724990501831_859749349_o 12499370_1128724997168497_1827984994_o 12887551_1128726703834993_694711271_o

小さな頃から元気に体を動かすことで、体力向上だけでなく、知力・気力にもつながり生きる力が養われるようですので、この活動が小樽から将来の日本の子どもたちに大きな影響を与えいくだろうなと思っています。これからも小樽市行政としてしなければならないこと、そして地域住民として、子どもたちを支える立場として、それぞれの役割の中で頑張っていきたいと思います。

小樽 幼児体力向上委員会(Facebookページ)

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です