アドレス変更のお知らせ

公式ホームページ・あんてつが行くをご覧頂きありがとうございます。

このたび、従来のhttp://te28anzai.comからhttp://te28anzai.xyzへアドレスを変更致しましたのでお知らせ致します。

今後、内容を充実させていきますので、変わらずご覧頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

2 thoughts on “アドレス変更のお知らせ”

  1. 安斎市議へ
    今回の定例議会での質問は どなたへ向けた憤怒なのでしょうか。
    一時の 怒りを議会での質問にすることは 市民感情をどのように考えての事でしょうか。市議の 公とは何なのか回答を願います。自分の後援会ですか。自分の会派ですか。そのように考えるならば、小樽市民の税金が有効に使われているとは思われません。今から過去20数年間、小樽市議会は5者連合という異常な状態を維持してきました。その間に、市議として行わなければならない最も重要な、チェック機能、提案実現機能を失って来ました。ぜひ、小樽市民のために、本来の機能を取り戻し、発揮して下さい。一時の憤怒は、天に向かって唾をするように思えてなりません。憤怒では無く、市民が求めているのは、過去の反省のように思えてなりません。今回のトップ当選に浮かれることなく、市議としての公を考えての言動行動を願うものです。

    1. 木下修様
      コメントありがとうございます。
      コメントに気づかず返信が遅れたことお詫び致します。
      まず、私のスタンスは政策によって是々非々で議論に臨むでございます。
      そして、「どなたへ向けた憤怒」とありますが、私は怒りを持って臨んではおりません。
      どちらの質問を受けて、木下さんがそのように感じられたのか教えて頂けますか。

      なお、ドリームビーチについては妥協できる点を模索しましたがこちらは見出せませんでした。
      除雪に関しては、小樽市民も願っていることなので、市長が公約どおり改善出来るならばよろしいとは思っておりますが、まだ中身が見えてませんので考え方を問うただけです。
      人口対策については、医療費・保育料の無料化についても出来るならばした方がいいと思っておりますが、私としては、まず周産期医療の確保、安心安全に遊ばせられる公園の整備、そして教育環境の充実など大局的に考えて施策を進めて欲しいと考え方を述べました。
      市政のオープン化については、何をどうオープンにするのか具体がないので、それを質問しました。
      参与の設置については、全く理解しかねる問題でありますので、追求しております。
      どこに怒りを感じておられるか、教えて下さい。議会議論をしないことこそ、木下さんがおっしゃるチェック機能が失ってきたことなのではないでしょうか。
      また、過去のオール与党体制ですが、確かに結果を見ればすべて可決ということではありましたが、その中でも各会派議論を重ねてきたのも事実です。しかし、ご指摘のように、なあなあな部分もあったかと感じます。提案実現機能については、前回の議会で議会提案としてリフォーム条例が可決しております。
      しかし、まだまだ二元代表制の本来の姿とは離れていたところも事実でありますので、木下さんがおっしゃる通り、おごることなく、冷静沈着に良いものは良い、悪いものは悪いと議会審議を臨んで参りたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です