市長の辻立ちはどう思いますか?

13161558_1165578120149851_1724010705_o市長は、就任後も市内で辻立ちし、時には演説する姿も散見されています。今回のゴールデンウイーク中にも無所属議員とともに辻立ちし街頭演説をされていましたが、この市長の辻立ちについて市民の方からご質問を良く頂きます。

市長という立場は市役所の長でありますが、公選職で政治家でもあります。初登庁の時は、私用(お墓参り)を優先し午後からの初登庁としたことをはじめ、たびたび公務より私用を優先することがあったことから、以前に、議会の質問で、公務と政務について取り上げたこともありました。また、先日は、手宮中央小学校の開校式に所用で公務を欠席したことにもブログで触れました。

公務が入っていない休日に政治活動することはどうなのか。現職が市長選挙で戦う場合は公務をこなしながらの選挙活動となりますので、これは首長それぞれの判断になると思いますが、今回のゴールデンウイーク中に行われたような辻立ちと街頭演説について、市民の皆様はどう思われるのでしょうか。

私としては市役所の長であるならば、不特定多数へのアピールではなく、市の仕事として市の施策を発表する場として行ったり、市長と語る会という事業があるのでそちらを開き、市民の方々と意見交換するなどを増やした方が市長という立場らしい姿勢だと思うのですが、どうでしょうか。

昨年度は、広報広聴課による「市長と語る会」は事業見直しの理由で中止でした。ただその中でも、各課へ対応依頼があった場合は市長が町に出て語る会のような形を開いているようです。が、それらは市長の活動アルバムには載らず、あまり情報が発信されていません。今年度からは、連合町会の単位で市長と語る会を開こうとしているようです。

ある市民の方が、以前に就任後も辻立ちしている市長を見て車を止めてなんでそのような活動をしているのかと話しかけたそうです。すると市長は、「政治の原点」と回答されたようです。

確かに、市長選前から辻立ちをされ続けてましたし、私が一期目の選挙に出る時も、まずは辻立ちをして挨拶運動が良いとのアドバイスをもらったことがあります。私も同様に一ヶ月に一回、選挙事務所であった交差点と駅前で辻立ちし、「あんてつ通信」を配布しています。

市議会議員は良くて市長は駄目なのかという方もいらっしゃるかもしれません。休みの日でも小まめに回っていると評価される方もいらっしゃるのでしょうか。私は、前述した通り、市長という公の立場として取組むことを優先した方が良いなと思ってはいますが、市民の皆様はどのように感じ、どのようなご意見があるのでしょうか。


追記(2016/05/07):公式フェイスブックページ(https://www.facebook.com/te28anzai/)では沢山のコメントを頂きましたが、私の投稿で言葉足らずな点がありましたので、公式HP上でもお詫びします。

橋下前市長との比較でコメントを頂きましたので、その点も含めて改めてコメントさせて頂きますが、大阪市の状況を市民として議員として見ていた訳ではございませんので、あまり触れられませんが、橋下前市長におかれましては賛否色々ありますでしょうが、市役所機能は動き、新たな取り組みを進め、そしてしっかりとした理念の下で政治活動され住民自治に向けた強いリーダーシップがあったと思っております。また、首長の公務としても政治活動としてもどちらもしっかり情報発信されていました。

さきほど、皆様への返信として書かせて頂きましたが、やるのであれば、しっかり情報発信し、話した内容も分かるようにすべきであると思っています。そして、橋下前市長と比較は出来ませんが、小樽の場合は市長自身の指揮により総務部長が不在であるなど混乱が生じておりますので、まずはそれらをしっかり終息され、市役所機能を正常化させてからする方が良いという考えの下、辻立ちへのご意見を求めたのでありました。

一概に辻立ちがどうなのかと是非を問うているのではないのですが、私の書き方ではそのように捉えられたのであればお詫び致します。申し訳ございませんでした。

今回の投稿は、現状の市政混乱時という背景の下でございましたのでご理解頂けましたら幸いです。なお、その背景の下でも、話す内容がしっかり伝わるようにして頂いたり、ゲリラ的な辻立ちではなく事前に発信した上での市民の皆様に対する報告会であれば、私は何も意見することはないことを申し添えます。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

3 thoughts on “市長の辻立ちはどう思いますか?”

  1. 公式フェイスブックページ(https://www.facebook.com/te28anzai/)では沢山のコメントを頂きましたが、私の投稿で言葉足らずな点があり、お詫びします。

    橋下前市長との比較でコメントを頂きましたので、その点も含めて改めてコメントさせて頂きますが、大阪市の状況を市民として議員として見ていた訳ではございませんので、あまり触れられませんが、橋下前市長におかれましては賛否色々ありますでしょうが、市役所機能は動き、新たな取り組みを進め、そしてしっかりとした理念の下で政治活動され住民自治に向けた強いリーダーシップがあったと思っております。また、首長の公務としても政治活動としてもどちらもしっかり情報発信されていました。

    さきほど、皆様への返信として書かせて頂きましたが、やるのであれば、しっかり情報発信し、話した内容も分かるようにすべきであると思っています。そして、橋下前市長と比較は出来ませんが、小樽の場合は市長自身の指揮により総務部長が不在であるなど混乱が生じておりますので、まずはそれらをしっかり終息され、市役所機能を正常化させてからする方が良いという考えの下、辻立ちへのご意見を求めたのでありました。

    一概に辻立ちがどうなのかと是非を問うているのではないのですが、私の書き方ではそのように捉えられたのであればお詫び致します。申し訳ございませんでした。

    今回の投稿は、現状の市政混乱時という背景の下でございましたのでご理解頂けましたら幸いです。なお、その背景の下でも、話す内容がしっかり伝わるようにして頂いたり、ゲリラ的な辻立ちではなく事前に発信した上での市民の皆様に対する報告会であれば、私は何も意見することはないことを申し添えます。

  2. いつも拝見させていただいております。当方FBしていないのでこちらにコメントさせていただきます。市長の辻立ちについてですが、どのようなルールがあるのかわからないため判断できませんが・・・ 内容については、ほぼ政治的に意味のある発言をしているのを見たことがありません。主婦層や年配の方への『頑張っています!』アピールでしかないと思っております。何度も辻立ちをしているのを見て、いったい何の話をしているのか?気になり 何年か前の龍宮神社初詣時に聴いてみました。その内容は『足元が滑るから気をつけて』『お世話になっております』などばかりでした。毎回このような内容かどうかは解りませんがポーズだなと感じました。今の辻立ちは市民に『いろいろ叩かれてるけどがんばっているようだな』と思ってもらうためやっているとしか思えません。 このままでは小樽は沈んでしまうと感じております。個人的にはリコールしかないと思っておりますが、実施されても年配者の多い小樽では厳しいとも感じておりどうしたものかと思っております。 以前、堺町で森井氏がアンテナショップの代表をしている時、仲間が出店の打診をされ出店しましたが、半年ほどで?クローズ。その後の商品の撤収や態度がとても信じられないようなずさんなものでした。その時から信用はできない人間だなと思ってましたが・・・。とても市長など務まるはずがありません。なんとか安斎様や他の方で立て直ししていただきたいです。(もう十分働かれていると思いますが)。  
     めげずに頑張ってください 期待しております。

    1. コメントありがとうございます。
      市長就任前の辻立ちについては私も良く聞いたことがありませんのでコメントはできませんが、市長就任後は、やはりその話の内容であると思っておりますので今後も継続的にされるのであれば、しっかり拝聴したいと思っております。
      また、リコールについては、市民の皆様のご判断でありますのでコメントは控えますが、議員として頂いた役割権限のもと、しっかり行政・執行者をチェック・監視し、良いものは協力したいと思っております。
      アンテナショップの件は後処理をしっかりしておかないとそのようなお話が出てしまうのですね。
      私は私の立場で小樽市のため未来を担う子どもたちのためにしっかり頑張って参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です