16日・18日で小樽市議会「市民と語る会」を開催します

第6回小樽市議会「市民と語る会」開催のご案内今回で第6回目となる小樽市議会主催の「市民と語る会」を、16日(月)と18日(水)の2日間で開催します。

「市民と語る会」は、市議会の活性化を目指し、開かれた議会の取り組みとして、前期よりスタートしました。おおよそ年2回開催し、今回で6回目となります。

これまでは、議長・副議長はじめ、議会運営委員会、予算特別委員会、決算特別委員会、そして4常任委員会の正副委員長が出席し、それぞれの委員会から報告をし、そして意見交換の時間を設けさせて頂きましたが、議会側の報告が長くなりがちであったことから、今回は4常任委員会の報告にしぼり、意見交換の時間を多くとることになりました。

4常任委員会の報告としては、前回議会の中で特に注目された又は多く質疑されたものなどから抜粋しており、総務常任委は①市長の政治姿勢と後援会通信や記者会見録の修正問題について、②行政評価とまちづくりエントリー精度等の市民参加について、経済常任委は①小樽の観光振興について、②小樽港港湾計画の策定について、厚生常任委は①今後のふれあいパスについて、②認知症総合事業について、建設常任委は①平成27年度の除排雪について、②小樽市空家等対策計画の策定についてを主に報告します。

16日(月)は高島会館、18日(水)は桂岡十万坪会館で開催します。時間はどちらも18時半からです。たくさんのご来場お待ちしております。

 

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です