モエレ沼公園で研修しました。

image明日から全国若手市議会議員の会の研修会が、札幌で開催されますが、その前段で研修会もあり、本日、モエレ沼にて研修を受けました。

モエレ沼公園は、環境グリーンベルトの拠点公園として整備された施設です。ゴミ処理場として整備されたのち、埋立てとしての活用が終わったのち公園造成事業がスタートしました。札幌市のマスタープランが策定されたのち、イサムノグチ氏が、公園造成計画に参画し、現在に至っています。

土地のある札幌だからこそ出来る大規模な彫刻公園は圧巻で、いまでは札幌の観光名所のひとつとしても知られるほどになっていますが、もともとは環境文化施設としての位置付けでありますから、雪と風と太陽を利用した空調システムが自慢です。

今回の研修では、北海道とともに北海道の第1番の政令指定都市でこの地ならではの取り組みを全国の市議会議員の皆様に受けてもらうチャンスでありますので、受け入れ団体の北海道のブロックの私としても頑張りたいと思っていました。

しかし、明日午前から研修があったのですが、市議会の各党代表者会議とともに、森井市長による身勝手な人事異動がコンプラで異例の調査結果がなされたことで総務常任委員会の緊急理事会が入ってしまい、研修の途中からの参加になりそうです。まずは、いまの立場として、小樽のため、そして北海道、日本と優先順位をつけておりますことから、小樽での議会の対応をし、その後、北海道、全国とで活動を頑張りたいと思います。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です