議長「理事者側の答弁、重みを感じてして頂きたい」。13時開会は延期となりました。

12時10分に議会運営委員会が開かれ、総務部長より、本会議再開に向けた調整の状況について「時間がかかるのでもう少し待って欲しい」との報告があり、13時の開会を延期とすることが決まりました。

報告では、総務部長から「(酒井議員の質問で)(北海道新幹線新小樽(仮称)駅周辺まちづくり計画)策定会議の話なのか、広い意味での会議のことなのかについて調整しているが、再開に向けた協議に時間がかかるのでもう少し待って欲しい」と述べられました。これを受け、各会派は「致し方ない」などとし13時開会を延期することに同意しました。

議長からは、「言いたいことはたくさんあるが、(再開に向けた)協議が進んだらまとめるが、この3日間見ても、議事運営に相当な支障が出ている。勘違いだとか思い込みだとか、そうならないように手だてをしているわけで、双方と言えないが、理事者側の答弁も重みを感じてして頂きたい。どうにも現場でバタバタしている。総務部長においては気を付けて欲しい」と、理事者側に注意がありました。

この後、当事者の自民党と市側で細部の調整が行われることになりますが、総務部に、昨日のその流れや発言を起こした内容があるのであれば欲しいと要望しましたので、待機しながらどこから問題が発生していたのか自分なりに考えをまとめてみたいと思います。

14315898_1290539467653715_199323416_o-1

Facebook Comments

最近の投稿

最近のコメント

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です