昨日で3定閉会し、今日から4日間決算特別委員会です。森井市長初の会計決算を審議します。

昨日は、新聞やテレビなどで取り上げられていますが、小樽市議会で初めてとなる市長に対する問責決議案が可決となり、その他市長の上程議案も議了し定例会が閉会となりました。本日からは、4日間で、平成27年度決算を審議する決算特別委員会に入ります。

小樽市議会では、これまでも、第3回定例会中に上程された前年度決算について、特別委員会を設置しますが、会期中に審議を行わないで継続審査とし、閉会中に開き、12月の第4回定例会の本会議で決算審議の報告を行い議決します。これは、補正予算の審議と並行してしまうと、審議が混乱し深堀出来なくなることを回避するためにしています。

今回の決算特別委員会は、森井市長誕生後に執行された平成27年度会計の決算が付託されています。いわゆる、森井市政初となる市政執行が良かったのか悪かったのかを判断する場となります。平成27年度中に私がずっと問題としていたのは、自身の後援会幹部を参与という職に就かせ30万円もの報酬を支払い続けた論考人事問題があります。この点については厳しくチェックしたいと思います。

私は、本日と2日目の総務・経済所管に参加します。こちらも傍聴は可能ですし、ネット中継もございますのでご覧ください。

小樽市議会ネット中継
20161005

HTB「業者に便宜か…小樽市議会が市長の問責決議を可決」(2016/10/04(火) 22:59)

STV「小樽市議会 市長に問責決議」(10/4(火)「どさんこワイド179」)

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です