議運で市長の回答文への見解をまとめ議長へ一任。明日以降市長部局と協議へ。

昨日市長から議長の元へ届いた議長勧告書に対する回答文に対し、本日、各派代表者会議が開かれ、議会運営委員会においてその対応を検討するよう申し入れがあり、回答文に対する見解をまとめていました。

議運として見解をとりまとめた表は、先ほどの議会運営委員会において承認し、「議運としては議長に一任し、これを活用しながら市長部局と協議し、打開策を講じて頂きたい」と議長へ手交致しました。議長は、「毎日、各派の代表者とずっと協議をしているので、委員長から見解をもらったので、各派の皆さんの意見を聞きながら進めたい」とのご回答を頂きました。

とりまとめた見解は、市長がそもそも再質問に対して答弁漏れがあることから、質問がないものに対し発言したことが裁判に影響すること議会への越権であることなどを盛り込んでいます。内容につきましては、議運作成のメモとしての扱いのためまだ公表出来ませんが、この後、議長の下で開かれる各派代表者会議などで協議され、対市長との間で取り扱われることとなります。

いずれにしましても、今月12月1日の第4回定例会初日に決定した議会日程は19日までとなっており、もしも明日以降再開し通常の質疑を担保したとすると、越年議会は必至な状況です。早期に改善出来ることを願います。

写真は議会運営委員会の様子です。(提供:議会事務局)

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です