会派3人→2人→1人で全然違う小樽市議会。会派制の壁は高いですが再起動「リスタート(restart)」に向けて。

今朝新聞報道されていましたが、中村岩雄氏の突然の会派離脱により新風小樽が解散しました。これにより、昨年の改選後に結成した際の3人会派から1人になってしまいましたが、3人から2人になっただけでも違うのに1人になると雲泥の差があります。会派制の小樽市議会で1人会派で活動するにはかなり壁が高いです。

中村氏の離脱理由は、「市長派、反市長派にとらわれず中立の立場をとりたい」です。新聞では、離脱ということで中村氏のコメントしか載っていませんが、本当のことを言うと、3人会派から2人会派になった時に、新風小樽の代表は中村氏になっていましたから、離脱というよりも会派解消が正しいのかと思います。

いずれにしても会派解散の事実は同じですし、会派制の小樽市議会では、1人会派であったとしても会派の名前が必要なため、手続き上、新風小樽という会派名が残っていた方がスムーズなため、事務手続きとしては、新風小樽の代表を中村氏から安斎に戻し、安斎が新風小樽を引き継いでいくという形をとりました。

新風小樽としては、これまで、議案には是々非々で臨んできました。例えば、昨年に市長が提案したドリームビーチを市営開設するとして上程した予算に対し、ただ反対するのではなく、環境整備のみの減額の修正予算を提案したり、除排雪予算に対しても市長の抑制ありきの減額予算に増額の修正予算を提出出来ないか各会派を回ったり、自民公明が提出しようとした問責決議案に賛成出来ないとして議場を退席したりなど、まさに良いものは良い、悪いものは悪いという中立の立場で挑んできました。

今年亡くなってしまいましたが、記者で市議選にも出馬したことのあるびとうさとしさんは、昨年の議会の様子を取材され記事を掲載してくれています。森井秀明と検索すると、なぜかこの記事が上位に出てきます。私の議会の態度のこともご指摘いただいてしまっていますが。

そのような会派の立場であっても、前回の第3回定例会では、さすがに高島漁港の問題があり、自民・公明・共産・民進の4会派とともに問責決議案を提出し、賛成しました。この問責を提出し可決した時の代表は中村氏でしたので、このような会派の動きをしつつ「市長派、反市長派にとらわれず中立の立場をとりたい」という理由はなかなか理解出来ません。ただし、1人会派になって議会で質問が出来なくなったとしても、私がダメな部分をダメだと言うスタンスが要因の一つであったと推察します。

1人会派になって何が違うのかでありますが、まずは昨年当初の3人会派だった時です。
・代表質問40分
・一般質問15分(5分×3人)
・予算特別委員会20分
・常任委員会20分(委員長・副委員長ポストあり)
・学校適正配置等調査特別委員会20分
・本会議での提案権(3人から)
このほか重要な会議にも参加発言出来ました。
・各会派代表者会議
・議会運営委員会
・議会活性化検討委員会
・広報編集委員会
・広報広聴委員会(市民と語る会の運営)
などでほかにもまだまだあります。

1人会派になった場合です。
・代表質問40分→なし
・一般質問15分(5分×3人)→なし
・予算特別委員会20分→なし
・常任委員会20分→なし
・学校適正配置等調査特別委員会20分→なし
・本会議での提案権→なし
このほか重要な会議は
・各会派代表者会議→なし
・議会運営委員会→なし
・議会活性化検討委員会→なし
・広報編集委員会→なし
・広報広聴委員会(市民と語る会の運営)→なし
と全てありません。

あるのは、本会議場での質疑及び一般質問という形のもので年間20分しかありません。

o0240032011148804573例にあげた部分だけでも差があるのは一目瞭然かと思います。これらを捨ててまで会派離脱を選んだ中村氏がこれからどのような議員活動をするのか、そして、私自身も、この劣悪な状況下でいかに発言の機会と力を得て議員活動をし、小樽のため・住民福祉向上のために挑んでいけるかであります。まさに安斎哲也の再起動「リスタート(restart)」です。

そして、自民・公明・民主による5者体制による前体制が生み出してしまった森井市長によって混乱が生じているいま、人口減少が急激に進み日本一の高齢社会に突入している小樽市もまさに再起動「リスタート(restart)」しなければいけません。

一期目の選挙の時に掲げたキャッチフレーズ「目覚めよ小樽」ではありませんが、小樽再起動のため、まずは私自身がしっかりと立ち上がり、前へ進んでいく必要があると思います。1人会派だからと言って何も出来ないと指をくわえているのではなく、1人会派だからこそ出来ることをしっかり頑張りたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です