2日連続で答弁調整のため延会に。森井体制で異常さ増す議会答弁。

昨日12日(火)は私の質疑及び一般質問の答弁中に中断し答弁調整で延会になりましたが、本日13日(水)もデジャブかのように答弁調整に時間がかかることで延会になるという異常事態となっています。

昨日は、私の質問の中のふれあいパスの関係で、今定例会に予算計上された事業者負担分を市が全額負担するとした案件について、市側が議会報告のタイミングについて「事業者と協議が整ってからが適切」と述べてきましたのに対し、副市長が共産の高野議員に対しては「議会への報告が遅れ申し訳ない」と答弁を翻したことが問題となり、副市長の答弁調整に時間を要することから延会となりました。

本日は、秋元議員の質問の中のコンプライアンス委員会から条例違反だと指摘された高島漁港区での観光船事業問題について、市長の最初の答弁は、許認可を行ってきたのは逐条解説や判例を参考にしたでしたが、再質問でその例を質されると明確に答弁出来ず中断。その後、市側から答弁調整に時間がかかるとして、延会となりました。

森井市長就任後、市長発言によって幾度となく議会が空転することはありましたが、これだけ最初の答弁との食い違いや答弁漏れが乱発し、しかも最初の答弁に対する指摘に対しての答弁調整に時間がかかることは異常さが増している証拠です。

しかもトップは決して謝ることなく、昨日は総務部長が謝罪に歩き、本日朝は副市長が謝罪に歩き、先ほどは担当部長が謝罪に歩き回る。異常です。

なぜ、ことの発端となっている本人はケロっとして、部下の部長たちは顔面蒼白で本当に申し訳なそうに背中を丸くして議会に謝罪に回るのでしょうか。質問する側ではありますが同情します。

今回に至っては、部長の中でも、いつもどんなに数多くの再質問があっても質問された順番通りに正確に的確にそして明確にお答えされている方なのに、この問題だけは口が重く不調でありました。とても部長が根拠を持って用意していたとは感じられませんでした。

Facebook Comments

最近の投稿

最近のコメント

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

2 thoughts on “2日連続で答弁調整のため延会に。森井体制で異常さ増す議会答弁。”

  1. 議会の異常な状態に怒りさえ覚えます。毎回同じことの繰り返し、時間切れを待っているような対応、市長には事態を打開するよう、考える頭はないのでしょうか?犬でも猿でも、教えれば覚えますよ。市長は動物以下なのでしょうか?即刻辞任すべきです。また関連の観光業者については、即刻営業を停止するよう勧告するべきです。このようなことばかり報道され、小樽市のイメージダウンです。小樽市のため辞任してください。

    1. 岡田昭正様
      異常すぎますね。
      建設的な議論にまず及ばない状態です。
      議会ではより良い施策をぶつけ合ったりする場なのに
      市長の言動があまりにひどくそれに終始してしまっているのは残念極まりありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です