本日より予特スタートも20分で空転。

本日より予算特別委員会の審議がスタートしましたが、最初の質問者である自民党の酒井議員がふれあいパスの関連で事業者との合意の時期について質問し、市側が本会議における答弁と整合性がとれなくなり、開始たったの20分で空転し中断しました。

本会議での答弁では、3月9日に口頭合意をしたとされていたのに、予算特別委員会では16日頃と答弁。事業者もあることであり、さらに言えば文書主義の自治体で口頭合意した上にその書面もないということも疑問ですが。

本当はもっと大事な質疑をしなければならないのに、森井市長になってからはいつもその前に虚偽答弁や答弁の正確性で空転してしまいます。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です