市長、ふれあいパス毎年協定「知らなかった」。そんなはずないと思うのですが、13時から昨日中断以降の予特再開。

今朝の新聞で、今定例会に補正予算が計上されている「ふれあいパス」事業について、市長は中央バスと協定書を毎年締結していることを「知らなかった」と答弁したことが記事になっていましたが、私はそんなはずないと思うのですが、まずは本日13時より昨日の中断以降の予算特別委員会が再開となります。

中断したのは、市長が中央バス社長とのトップ会談の中で「赤字覚悟の事業を事業者が無条件で受入れる」「バス路線の維持は中央バスの経営問題・民間企業の経営判断であり、市長は中央バスの経営者では無いので、市民要望を伝えることしか出来ない」という主旨の発言をしたとする中央バスの抗議に対し、市長は「そんな表現ではない」と繰り返し述べました。

しかし、6月の第2回定例会では「状況によっては路線そのものが赤字になり得ることがあるかもしれませんけれども、中央バスにそういう場面を担っていただく可能性はあり得るというお話をさせていただいた」と述べていたことで整合性が取れないとのことから答弁精査のため中断しました。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です