久しぶりに本会議開き、衆議院解散受け選挙費を議決しました。

問題となっているふれあいパス事業費を含む27億7,964万3,000円の補正予算が計上されている第3回定例会ですが、市長の虚偽答弁やお粗末な事務執行手続きなどの問題で空転に次ぐ空転が続いてますが、今朝、市長の答弁待ちの間に久しぶりに本会議を開き、衆議院議員選挙に関わる選挙費を議決しました。

選挙費は以下の通りです。

なお、昨日、公明・斎藤議員の指摘で違法性の疑いがあることが発覚したふれあいパスにおける支出手続きについて、現在、市側が関係資料を揃えて顧問弁護士のところへ相談に行っていることから、昨日来からの中断は長引くことが予想されます。

問題は、契約規則の第18条の3つの条件に該当しない場合は契約書が必要と定められており、協定書=契約書がない、支払う根拠がない状態のため法令に違反する恐れがあるとされています。自治法に抵触していないと主張していた総務部長は、答弁精査する必要があると休憩を求めたことから中断しています。再開時刻は未定です。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です