市長の減給10%は理解出来ない。全会派一致で否決。

今朝のメディアで報じられましたが、昨日5日(木)、本会議と総務常任委員会で、市長が提案した後援会関係者による高島漁港区での観光船事業のコンプラ違反における減給条例について質疑しましたが、到底理解・納得出来るものでなく全会派一致で否決の態度となりました。

以下、私の否決の討論です。

議案第24号小樽市特別職に属する職員の給与の特例に関する条例案の提案について、否決の立場で討論をします。

コンプラの指摘にあるU字フックを取り付け撤去させることなく船の係留をさせて係船環の取り付けを許可したことが不適切と断定されているのに、減給の対象にしていないことと、漁港区内の建物が条例に適合しない可能性が大きいと示唆されていることをあたかも違反であると断定させていることは、整合性が取れない。

また、事業者オーナーが「他にも違反建築がある」と現場調査をした我々議会に怒鳴りつけた論調を正当化させるために、あえて過去からの誤った条例解釈と誇張していることは、公平公正な行政手続きと言えない。

いずれにしても、森井市政によって、この間の市の統一見解がされていないこと、答弁の訂正や解釈違いなど公平公正な行政運営が歪められている。全く責任を感じた減給額ではありません。

本日の本会議で主張しましたが、後援会関係者によるコンプラ違反だけでなく、ふれあいパスにおける2700万円、参与への300万円の支出合わせて3000万円の返金を求めたいが、それを除いても10分の1の減額は到底理解できないし、市民を納得させるものでもない。また漁業者の声に耳を貸さず無視した条例案の提案である。よって、市長においては、誰もが納得出来る減給額を盛り込んだ条例案を提出することを求めて、否決の討論を終わります。

Facebook Comments

最近の投稿

最近のコメント

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

6 thoughts on “市長の減給10%は理解出来ない。全会派一致で否決。”

  1. なぜ11月に減給条例案なのでしょうか?やはり、賞与査定に響かないようにしてるとしか思えませんし、森井市長になってから除雪もなにもかも一部の市民(後援会関係者)を除いて悪い方向にしか進んでいません。中央バスに対しても市長の不誠実な態度で大切な税を投入する羽目になり、このままでは「ふれあいパス」は全て市の負担となるでしょうね。民間企業である中央バスの誠意を裏切り、職員に責任を転嫁し、何食わぬ顔で登庁している厚顔な市長には早く辞職していただきたいです。

    1. 嘘偽りの政治家は退陣せよ様
      コメントありがとうございます。
      11月のみの提案であれば、12月のボーナスには影響ないからではないでしょうか。1日付時点で計算されますので。そして森井市政に対するご意見私も同意見です。ただ悪い方向にしか進んでいないことを実感・自覚する市民の皆様は少ないものと思います。だからこそ、事実をしっかりリアルタイムに情報発信しようと思って日々ブログを更新しています。これからも全うな小樽市になるため悪いものは悪い、良いものは良いと是々非々の立場で議員活動をし議会での発言をしていきたいと思っています。

    1. 腐ったミカン様
      コメントありがとうございます。
      リコールは住民の方々の声と行動により成立するものです。市民の皆様が目を覚まし立ち上がらなければ出来ない大きな運動ですね。

  2. 市長と中央バスとがもめていることか、中央バスの内部の問題かわかりませんが、12月1日からのバスの運行が少なくなり市民の足に支障がきたすことになりますが、小樽市、議会ではどのように考えますか。一日5本あった済生会小樽病院までの路線は3本に、1時間に4本だった小樽駅へは1時間に3本に減りました。利用者が多い望洋台線でもです。小樽市内の他の場所ではどのように変化しているか、調査や対応を検討し、議会で協議してください。このままでは、ますます人口が減少し市政にもいい影響を与えません。市長の政策、公約は嘘ばかりです。追及されると調査中で逃げてばかりです。本当に調査しているのでしょうか。また市の職員がかわいそうです。本当のことが言えない苦しみを味わっているのです。職員の健康のためにもこのような体制が早く終わることを祈っています。

    1. 岡田昭正様

      コメントありがとうございます。
      まさに杞憂される通りでございます。
      そしてまずは調査をしていきますが
      そもそも森井市長とのトップ会談以降、関係性が崩れ、最後にはもう路線の改廃は一切市に相談も連絡もしないと言われてしまっていますから、やはりこの体制が終わらない限り解決にはならないのだろうと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です