合同・個人演説会に行ってきました。

昨夜、市民センターで開催しれた2候補による合同・個人演説会に行ってきました。運営協力の一般社団法人小樽青年会議所のメンバーとして設え側でもありましたが、2候補の考えを聞いてきました。

北海道4区から3名が立ってますが、出席は立憲民主党のホンダ平直候補、自由民主党の中村ひろゆき候補の2名です。希望の党の高橋美穂候補は都合がつかず欠席でした。

我が国では、18歳以上であれば性別関係なく誰もが選挙権を持つことが出来ます。明治22年に発布された大日本帝国憲法において、25歳以上の男子で直接国税15円以上の納税者に選挙権が与えられましたが、それは国民のほんの1%でした。その後、様々な運動が起こり性別や納税額の制限などが撤廃され、今に至ります。

過去の歴史の中で先人たちが汗と血と涙を流しながら勝ち得た選挙権。自分たちが生きる国の未来を作るためにこの町の代表を選ぶこの選挙はとても大切です。当たり前に選挙権があることが当たり前と思うことなく、ぜひこの演説会はじめ様々な機会を通して候補者や政党の主張を聞き、投票行動のきっかけと投票先を選択する材料の一つにして欲しいと思います。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です