中央バスの平成29年冬ダイヤ改正。

中央バスの平成29年冬ダイヤ改正について多くのご質問を頂くことから、担当課を通じ情報を頂きましたのでお知らせ致します。

今年1月の市長とのトップ会談以降、中央バスとの関係は悪化しておりますが、そのことが原因の一つかと思っていましたがいろいろ情報収集したところ、大企業がそんな感情的なことで市民生活への影響を考えずにすることはないことを確信しました。ただし、市長との関係が良好であれば事前の協議はあっても良いかなと思いますが、信頼出来ない人とは出来ませんね。

以下、中央バスが11月20日付で報道機関に示したプレスリリースです。各報道機関ではまだ伝えられていないので、もうすぐ12月になろうとしていることから私のブログにおいてお知らせ致します。

1系統・ぱるて築港線

2系統・小樽市内本線

3系統・小樽市内本線

南4系統・山手線

6系統・望洋台線

7系統・最上線

8系統・おたもい線

16系統・奥沢線

17系統・塩谷線

24系統・山手中通線、30系統・小樽ベイビュータウン線

33系統・新光ぱるて築港、36系統・望洋台ぱるて築港線

37系統・最上ぱるて築港、38系統・おたもいぱるて築港線線

42系統・赤岩ぱるて築港線、46系統・奥沢ぱるて築港線

おたる散策バス

郊外線(朝里川温泉線・余市協会病院線)

札幌・小樽間高速バス

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

5 thoughts on “中央バスの平成29年冬ダイヤ改正。”

  1. 今年も12/1から赤岩線と祝津線で大減便が行われます。

    ますます小樽市民の足が奪われます。

    路線の再編成や効率の良いダイヤを組むよう出来ませんか。

    1. のん様
      コメントありがとうございます。
      そして情報提供に感謝申し上げます。中央バスと市では定例会議を設けて情報共有をしているのですが、当該対象路線についても市として中央バスの考えに対して要望はしていたそうです。しかし中央バス側の判断は変わらず現在停留所にある通りになってしまうようです。現在、市と関係機関で公共交通網の策定を進めておりますので、その中においてもお願いベースになりますが、市民の皆様の足の確保に努力するようお願いしていきたいと思っております。

  2. 安斎議員 回答ありがとうございます。

    なぜ赤岩線と祝津線が減便なのでしょうか。理由を説明してください。

    祝津線では水族館に行く人、赤岩線では団地に住んでいる人が困りませんか。

    減便すれば年寄りはタクシーに乗ります。従って中央バスの収益は減ります。
    だから、また減便をする。結果悪循環になります。
     
    昨年からの減便について、全路線で効率の良いダイヤを組んでいるようには感じません。

    小樽市内のバスを見ていると、祝津線と赤岩線より減便する路線はあります。

    また、小樽市地域公共交通活性化協議会でアンケートや意見を募集していましたが、結果についてホームページ上で公開はしないのですか。

    1. のう様
      返信遅れて申し訳ございません。
      なぜ赤岩線と祝津線が減便なのかの理由についてですが、現在、市内全域のバス事業は民間の会社が担ってくれており、市から助成金を出しているわけではないので、私の立場でお伝えできるのは市役所の公共交通担当から聞き取りしたことをお伝えするだけに限ります。また、同様の理由から市職員も会社の細かな経営・運営の情報を得られないということから、明確な理由を聞き及んでいないというのが現実ですが、山側と海側の路線があるものの通勤通学時間帯以外の乗降客が少ないことから経営的な判断に至ったということを聞いております。
      長々と書いてしまいましたが、市での運営ではないので、もし本当に理由が必要でしたら会社に直接聞いて頂いた方がより明確なものとなると思いますし、そのご意見もお伝えいただけたらと思います。
      なお、現在、ご存知の通り、小樽市では地域公共交通活性化協議会を設置しておりますので、将来的な地域の足の確保・維持のための議論を進めております。頂いたご意見も市の担当者にお伝えさせていただきます。また、募集した意見の公開については確認してみます。

    2. のう様

      小樽市地域公共交通活性化協議会のアンケートについてですが、速報という形で協議会内には共有されていますが、その後、遅れて届いたものがあったり、地区別に分析したりしていることもあり、まだ正式版は公表されていません。しかし、計画が示される中で、その結果は資料編として盛り込まれるのか、結果だけが公表されるようになるのかは検討中とのことですが、年度内には公表されるようです。
      その際は市としても何かしらの形でお知らせすると思いますが、議会にも報告ありますので僕もブログなどでお知らせしたいと思います。以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です