市長の再度の辞職勧告決議可決も、市長派議員の発言に動議提出で中断へ。

本日、平成29年小樽市議会第4回定例会最終日(採決)でしたが、市長の再度の辞職勧告決議が可決となったものの、その決議に関しての討論で、市長派議員の発言に動議が提出され中断となってしまいました。

現在、発言について精査中で、今後の議事運営がどうなるか分かりませんが、動議提出者によると、当該市長派議員が、前中松市長を誹謗中傷し、各議員に対し公約が一つも達成出来ていないとの声があるという発言は侮辱しているとして、発言の撤回と謝罪、そして懲罰が求められました。

本日もそもそも一日延会となっておりますが、市長提案の議案を可決(市長減給条例案と組織見直しのための事務分掌条例案を除く)し、最後の市長の再度の辞職勧告決議を賛成多数で可決とし閉会間も無くのことで、議会は混乱中であります。内容については改めてご報告しますが、まずはネット中継をご覧下さい⇨https://www.youtube.com/watch?v=lHVnjyqUAC0

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です