昨夜の議事精査に市長が議長に直談判。13時の再会より少し遅れます。

昨日13日は共産党の代表質問が行われ、その後、無所属議員の質疑及び一般質問に移りましたが、最初の石田議員の「森井市長の政策について」の質問に対する市長答弁で疑義が生じ中断しました。その精査に対し、昨夜の延会決定後、市長が議長に直談判。それを受け、議長が議事の整理を行いましたが、13時の再会から少し遅れそうです。

疑義が生じている点については、石田議員の「この3年間、実現できたことをお話しください」に対する答弁で、市長の公約の項目順に述べたいくつかの政策について、前市長時代に実現し実行されてきたことをあたかも自分が実現させたと云わんばかりに述べたことにより、濱本議員が事実関係の精査を求め、一時中断になりました。

これによって昨夜は石田議員の質問の途中で止まり延会となりました。この後、夜になって、市長から議長に対し面談の要請がありました。その中で、議長は市長の考えを聞いたとのこと。

先ほど開かれた議会運営委員会の理事会において、議長がその市長の考えを聞いて議事の整理を行い、再開後の議会冒頭に議長の判断について発言をすることにしたいとのことで再会のめどがつきました。

ただ、13時の再会からは少し遅れることになります。午後には再会出来る見通しで、始まったあとは、石田議員の再質問・再々質問、そして私、中村議員の質疑及び一般質問の順で議事が進められます。こののち、一旦休憩を取り、市側から先議して欲しいと議会に要望のあった民泊法施行に関わる旅館業法の一部改正案と副市長選任議案についての採決が行われます。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

4 thoughts on “昨夜の議事精査に市長が議長に直談判。13時の再会より少し遅れます。”

  1. 議員活動お疲れ様です。

    市長は一体なにを訴えたのでしょうかね?
    「なにがどうあろうと、すべて私が実現したものだ!」…とでも?
     
    ちょうど1年前くらいにも安斎議員が市長公約達成度についてブログに書かれていましたよね。
    今議会での市長発言と照らし合わせ、その実態を示すリストを長崎屋の広場にでも貼りだしてあげたいです(笑)

    それと「一人だから発言権無し」という政党政治丸出しの市議会運営もどうにかして欲しいですね。
    形式だけでも相方になってくれる人はいないんですか?

    1. S 様
      コメントありがとうございます。
      そう言いたいのだと思われます。
      でもやはり、公約公約となりがちですが、その政策はどうであるのかが一番重要なのですよね。何を実現したから偉いではなく、何を実現し何を改善し小樽市が良くなり住民の福祉向上にどうつながったのかが必要だと思います。そもそもの提灯質問がちょっと下品かなと感じています。自分の質問もしかりですが、勉強勉強の連続です。
      そして一人会派についての件ですが、制度上はそうなってしまっていますが、それでもまだ一人会派であっても情報共有や質問権とはべつに発言権は担保されている方かなと最近は考えます。ただ質問時間が少ないのがネックですが、それも議会活性化で今議論してくれているものも実際はあるのですよね。
      形式だけでも相方にですが、以前は、中村岩雄氏と会派を組んでましたが、私と一緒にいると市長派から言われ次の選挙のこともあるので会派解散したいとのことで袂を分かれました。イデオロギーや根本の部分が共有出来ないと、その政治姿勢だけでは形式だけというのは難しいかもしれません。

  2. 市長の、辻達についての質問に、疑問を呈する次第です。公務を主張するのであれば、市長が特定の個人をのぼりを同じように立てやること自体が疑問です。市長は特定の個人や後援会のため、自分の利益のために行動することに、疑問を持たないのでしょうか。そんなことを考えてわからないのでしょうか。頭の程度が疑われます。このような市長を選んだ市民は落胆しています。即刻退職すべき出す。小樽市のことを考え決断してください。市長の行動について、、新聞で報道されない疑問な点を追及し、市民に知らしめてください。そのことを議員のお願いし筆をおきます。

    1. teru様
      コメントありがとうございます。
      まさに仰る通りなのです。他都市では関係部長引き連れて該当で市の広報を手渡したりしている実例があるのです。公務であればそれぐらいのことをして欲しいです。今はゲリラ的に一般人と行い、しかも禁止されている氏名を明記した幟を立てて公務だと豪語しているのです。今後も本当に市民のための市長公務を行っていただくよう疑問をぶつけ是正させるようにしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です