地自法違反抵触の恐れ。市長議員の発言、議長職権で削除で再開。

13時に開会した小樽市議会第2回定例会最終日ですが、市長派議員の市長減給条例に対する討論において議会が炎上。この結果ずっと中断となっていました。

この後、各派内で協議が行われ、当該議員の発言の中で事実誤認が一件、地方自治法第132条の「他人の私生活にわたる言論をしてはならない」に抵触の恐れのある部分一件を削除することで一致となりました。当該議員はこれに応じないことから議長職権で削除することで再開のメドが立ちました。再開は20時40分からです。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です