なまら熱い潮の3日間が終わりました。

27日から29日の小樽最大の夏祭り「おたる潮まつり」が終わりました。今年は最高に天気に恵まれ、まさになまら熱い3日間でした。

3日間とも会場のお手伝いをしたり、2日目の潮ねりこみでは、役員梯団と小樽雪あかりの路梯団で参加しました。役員梯団では実行委員会役員や市議会議員団などが隊列をつくって、ねりこみのスタートを切りました。その後各梯団がそれぞれの衣装や振り付けなど工夫を凝らして街中を彩ってくれました。

誰でも参加出来るとびいりDE踊り隊には、辞職した前市長もいらっしゃったようです。経済界が寄付や協賛をし資金を作り、そして運営側で汗をかいて頑張っている中、前市長は、経済界と対立構図を作っておきながらご自身の政治利用をするのはちょっと節操がないなと感じます。だったら梯団を作るとかお手伝いもするとかして、みんなで小樽を盛り上げようとする気概を見せてくれたら良いのにと思いました。

雪あかりの路では、毎年冬にボランティアに来てくれる韓国の子たちもわざわざこの時期に合わせて駆けつけてくれて一緒に踊りました。冬だけでなく夏も日韓の交流を深めることができとても嬉しく思いました。

夏祭りはみんなで楽しくワイワイ盛り上がる。やっぱりこれが一番ですね。ご来場頂いた皆様ありがとうございました。そして祭りを支えてくれた関係者の皆様、ご理解とご協力を頂いた皆様、3日間熱い中本当にお疲れ様でした。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です