子どもたちと作ったペットボトル巨大艀でギネス世界記録達成!

昨日12日は所属する(一社)小樽青年会議所の北運河ルネサンス2018の舞台を借りて、担当の郷土愛育成委員会によるオープン事業「ギネス世界記録に挑戦」を実施し、達成出来ました!

今年度は、小樽の子どもたちに小樽を知ってもらい生涯残る強い思い出を作り、小樽に誇りを持ちそして郷土愛を育んでもらおうと準備を続けてきました。

各小学校さんのご協力を得て出前授業を行い、そして間も無く100年を迎える本来の姿が残る北運河を舞台に世界一大きいペットボトル艀(筏をあえて艀としました)作りに取り組んできました。

全18校の子どもたちには各校の校章と校名を印刷した幟を配り、小樽の好きなところや将来の夢、好きな人など思い思いに綴ってもらいました。完成したペットボトル艀にはその幟を設置し、子どもたちの夢を乗せたワンピースのゴーイングメリー号ならぬキョウドアイン号として北運河に浮かばせました。

僕らに与えられた条件は21平米以上で大人1人乗って1分間浮くことができるでした。子どもたちが作ってくれたペットボトルとともに自分たちも集め毎晩作業を続けました。11日にも子どもたちに来てもらい形成作業を一緒にしました。昨日の挑戦本番では、その司会を任せてもらい、予定したシナリオの進行を進めながら、トラブルやアクシデントに実況で対応しました。拙いばかりか固くなってしまいましたが、みんなで協力し合ってギネス世界記録は達成出来ました。

その後、認定された巨大ペットボトル艀を陸上にあげ、誕生日祝いのケーキを頂きました。北運河ルネサンスのイルミネーションバルーンで彩られた運河公園を背景に世界一達成とともに34歳のお祝いをしていただき感無量でした。事業にあたりご協力頂きました皆様本当にありがとうございました。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です