災害対策本部。市役所復旧もまだまだ市内全域には至らず。

小樽市の災害対策本部。迫市長を本部長として各所管の情報共有が行われています。

なお、16時頃、市役所が復旧したとともに高島で一部電気が通ったとの情報がありました。が、まだ各地域には広がっておらず、今後被害の拡大がないよう、また迅速に正確な情報発信がなされるようにお願いしたいと思います。

東日本大震災があった年の市議会議員選挙で当選し、その後、何度か現地に足を運んだ経験があります。その時に教えてもらったのは、現地で大変なのは情報がないとともにデタラメなデマが広がることとありました。良かれと思って善意で発した内容が悪意になってしまうそれが一番悲しいことなのですね。だからこそ、本日は朝から正確な情報発信とデマと思われる内容については嫌がられますが指摘してきました。

被害地域で住民が不安な時に市議会議員として出来ることは、市内を周りそして正確な情報を早くにもらってお知らせすることしかないと思っています。まずはこのまま復旧が進んでくれることを今は祈るばかりです。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

4 thoughts on “災害対策本部。市役所復旧もまだまだ市内全域には至らず。”

  1. この度の地震・停電対応お疲れさまでした。
    市職員を含め復旧に関わった各位、レジも動かないまま手打ちで対応していたコンビニ・スーパーのパートさん等、皆自分の生活を顧みずに大変だったと思います。
    完全復旧まではまだ暫くかかるでしょうけど、速やかできめ細かい市政にも期待しています。

    1. S様
      コメントありがとうございます。
      大変な週末となってしまいました。ご被害などは大きくありませんでしたか。
      まさにコメント内にある通り、それぞれがそれぞれの立場で苦難を乗り越えるために汗水流した結果、本日を迎えているものと思います。また道内ではまだ被害があるところがあります。小樽市はじめ各地位が完全復旧のために出来ることをしていかなければなりませんね。

  2. 今回の地震についての、小樽市の対応について、市民への周知の仕方を、もう少し検討し、改善されることを望みます。携帯電話を持たない、年配者はテレビもなく、ラジオを聞いていましても、小樽市が避難所を設置したことは報じられず、小中学校の休校も広報車で回っていたようでしたがよく聞き獲れず、広報車を追うようなこともありました。一部の自治体で設置されている防災無線等での周知方法、町内会からの周知方法等、今後に備え検討されるよう希望します。

    1. てる様
      コメントありがとうございます。
      返信が遅れてしまい申し訳ございません。
      私も同じように問題意識を持っておりましたので
      まもなく開会する議会の中でも議論がなされるものと思っております。
      ご意見参考にさせていただきます。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です