副市長選任案や特別職給与減額案などを計上。4定始まります。

今朝の報道にもありましたが、平成30年小樽市議会第4回定例会が12月4日に開会されるにあたり、市長から提出予定議案の説明がなされました。

提出予定議案は、一般会計と水道事業会計の補正予算をはじめ、来年4月の市議会議員選挙における選挙運動の公費負担に関する改正条例案や特別職の給与減額条例案など17件の議案のほか専決処分報告2件。

補正予算に関しては、小樽市HPに概要が掲載されていますのでそちらでご確認下さい。平成30年第4回定例会 補正予算(案)の概要

条例改正案については、まず小樽市議会議員及び小樽市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例案です。これは、公職選挙法の一部改正に伴って、市議会議員選挙でビラを作成し配布することが出来ることになったために改正されるものです。これによって、ビラの作成に要する費用が公費で負担されることになります。これまでは市長選挙が認められていましたが、ようやく市議会議員選挙でも認められ、候補者の政策や思いを具体に知って頂けるようになります。上限は4,000枚(1枚あたり7.51円)となります。

次に、小樽市特別職に属する職員の給与条例の一部を改正する条例案です。これは、副市長予定者と教育長が、迫市長の給与減額の意思に賛同したことから現行の副市長9%減から15%、教育長6.5%から10%に削減幅を拡大するというものです。なお、副市長の選任にあたっては、市役所OBの小山秀昭氏となっており、定例会初日に先議がなされることになります。

このほか人事院勧告に基づく職員給与条例の改正案や学校教育施設整備資金基金を設置するための条例改正案、夜間急病センターの診療時間を変更(土曜日18時からを14時に)するための条例改正案、公の施設の指定管理者の指定などについてが上程されることとなっております。

なお、これまでの議会で私も指摘してきた小樽市財政の健全化をはかるための計画について、市から「小樽市収支改善プラン」として示されました。詳細はすでに小樽市HPに掲載されていますのでご覧頂けたらと思います。こちら

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です