消防出初式に出席しました。

本日6日(日)は、新春恒例行事の一つ消防出初式に出席してきました。

出初式は、小樽市消防本部と消防団の皆さんの仕事始めの行事で、江戸時代から行われているそうです。各地域によって行われる行事が種々あるそうですが、小樽市においては、毎年、駅前の都通りをパレードし、そこから少し港に降りた小樽市マリンホールにおいて功労者に対する表彰が行われています。

小樽市消防団は市域を18分団で分かれています。団員は、18歳から70歳までで、自営業やサラリーマン、学生などさまざまな方々が所属しております。女性も所属し、小樽市民を災害から守る活動を行ってくれています。小樽市消防団

出初式では、消防本部・消防団の約400名が参加してくれていました。寒い中、団長の掛け声のもと凛々しい姿で行進していました。中には、小樽市議会議員も団員として活動しておりました。議員も地域で活動していることも市民の皆様に知ってもらえる機会にもなっているのかと思います。私は消防団には所属しておりませんが、消防所管の総務常任委員会の委員でもあることから出席させて頂きました。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です