小樽雪あかりの路、施設・ボランティア部会合同会議。

年が明けていよいよ来月(2/8〜17)に迫った小樽雪あかりの路。本日は施設・ボランティア部会合同会議です。国土交通省の手づくり郷土大賞グランプリ受賞は、こちらに参加して頂いてる各エリアやオブジェ作成・維持管理をしてくれてるボランティア団体さんのお力とご協力あってこそのもの。また、この各エリアやオブジェ補修など会場作りを助けてくれる市民はじめとする日中韓の学生や市内の高校生たちのおかげです。

小樽の風物詩に成長し、真冬の夜に多くの観光客をお迎えする小樽雪あかりの路は、今年第21回と新たな10年に向かって開催されます。雪や風で消えてしまうロウソクの火を灯し続け、熱さで崩れたオブジェを補修するそのボランティアの皆さんの姿が雪あかりの路のオブジェそのものです。ご来場頂くのはもちろんですが、一日だけ一時間だけでも全然OKなのでボランティア作業に参加してみて下さい。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です