小樽市議会議員選挙告示。

本日4月14日、平成最後の小樽市議会議員選挙がスタート。僕は以前よりもお伝えしてましたが今期で卒業し、新たな道で活動します。だからと言ってやはり選挙や政治に無関心になってはダメだと思いますし、やはりこれまで一緒に活動してきた方々がまた議会で頑張って欲しいと心から思っております。その上でこれまでもお伝えしているように、本日は、「高橋りゅう」の第一声に、「髙木のりかず」の個人演説会に、応援弁士として機会を頂きましたのでお話しをさせて頂きました。

◎高橋 龍

僕が2期目の選挙に向かう前から観光面で共に活動し、そして前回選挙後は同じ会派として議員活動とともにまちづくり活動を取り組み一緒に汗を流してきました。議員としては1期目ながら理路整然とした質問とともにアイデア力はピカイチと思います。まちづくりでは本来なら表に出てすべきなのに陰で黙々と作業をし支えてくれました。議会でいい質問をしても中々日が当たらない上にまちづくりでは黒子もいいところ。選挙のことだけ考えて行動する議員とは違い実直にまちのために行動する人こそが議員になるべきです。僕が2期目をなんとか全う出来たのは彼のおかげと思います。

僕は無所属ですが、前からもお伝えしてる通り、支持政党・会派関係なく「人」で応援させてもらうので、彼を応援してます。そして、今日の出陣式に行って思ったのは、まさに僕と同じようにお金をかけず家族親族で手作りの安っぽい選挙をしてる、だからこそ自転車「あんてつ号」を託しました。見かけたらあんてつが自転車で当選したからやってんだと批判せず、僕の思いを受けて頑張ってくれていると思って応援し沢山の人たちに支援の輪を広げて下さい。

◎髙木 紀和

まさに僕の2期目の議会質問が向上したきっかけとそのものを作ってくれた方です。最初は会うたび飲みの会などことあるごとに議論する相手でした。しかし、その議論の末にだったらという勢いで小樽青年会議所という団体に入っことが、これまでの僕の議会質問に強く影響したことが多分にあります。前市長の話になってしまいますが、僕が髙木さんやその団体の中で学んだロジカルな思考や発言を吸収して普通に質問したことでもすぐストップしてしまいました。思いだけでなく、根拠を持って質す力を身につけさせてもらったのですね。

だからこそ、髙木さんは1期目からなんなんだと是々非々でガンガン質問し活動してくれると思います。そしてさらに言うならば、僕の2期目のモットー「誰もが笑顔で元気なまち」を受けてなのか、髙木さんも「すべてを笑顔に」と掲げてくれていることが1番です。なぜなら、行政の仕事は赤ちゃんからお年寄りまでさらに人の最後までを予算とし執行しています。美味しく物が食べられなければ元気になれませんし、健康でなければ笑顔になれません。まさにみんなが笑顔で生き活動できるまちにするために議員は考え行動すべきで、彼なら、なんなんだ、と最初から発揮してくれると信じてます。年齢が上だったり期数が多いだけの議員に潰されるようなことがあったり、物怖じしたら、まず僕がなんなんだっていいますんで、どうぞよろしくお願いします。

最近の投稿

Author: 安斎哲也

好きな言葉:為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です